サイトタイトル(トップページへ) サイトタイトル(トップページへ) サイトタイトル(トップページへ)
[サービスメニュー] [店舗案内] [直営店 お近くナビ] [お問い合わせ] [お問い合わせ]
(メニュー背景画像)
お客様からお預かりした大切な衣類は、様々な工程をとおりながら洗い上げられていきます。安心してお預けいただくため、クリーニングができあがるまでをご紹介いたします。 (メニュー背景画像)
(メニュー背景画像) (メニュー背景画像)

クリーニングが出来上がるまで

1. 受付、検品・マーク 2. 工場へ搬送 3. 仕分け・検品 4. 前処理、シミ抜き
5. 洗浄 6. 後処理、シミ抜き 7. 仕上げ 8. 店舗へ搬送 9. お客様の元へ

1.受付、検品・マーク

受付(イラスト)

お客様がお持ちいただいた品物をカウンターにてレジに打ち込みます。

シミ抜き、破れ等の有無などをお客様と一緒に確認させていただきます。

また、ポケットの中に物が入ってないかを確認し、伝票にしたがって品物にタックをつけます(マーク)。

次へ

2.工場へ搬送

搬送(イラスト)

専門のドライバーにて工場へ

安全運転を心がけ、大切に運びます。

次へ

3.仕分け・検品

しっかりとチェックし、見極めます

入荷した品物は、仕分け担当者がその品物に最も適した洗いと、色ごとに分別します。

もう一度ポケットを検品し、洗い場へと工程を移します。

次へ

4.前処理・シミ抜き

丁寧に前処理しています

汚れのひどいものは、前処理剤にて落とします。

前処理では、ドライクリーニングでは落ちない汚れを一品一品手を掛けて汚れを落ちやすくします。

汚れには油溶性と水性、又汚物などがあります。 ドライクリーニングでは、油溶性の汚れは落ちやすいのですが、水溶性と汚物の汚れは落ちにくいため 前処理をしないと汚れは落ちません。

シミ抜きは、そのシミによって最も適したシミ抜き剤を使用します。1つのシミに対して何種類ものシミ抜き剤を使用することもあります。 これらは、熟練のシミ抜き担当者が丁寧にシミ抜いて行きます。もちろん取れないシミもありますが、無理して失敗しないように心がけています。

次へ

5.洗浄

バークロルエチレン溶剤によるクリーニング 石油系溶剤によるクリーニング

ド ライクリーニングにはパークロルエチレン溶剤と石油系溶剤を使用しています。

パークは洗浄力が強く、衣類によっては溶剤に耐え切れないものもあるので、仕分け・検品が重要になってきます。 石油系は洗浄力はパークほど無いですが、品物に対して安全性は高い溶剤です。

パークは洗浄、脱液、乾燥、脱臭を全て同じ機械で行い、石油系は引火性が高いので、洗い、脱液とは別に乾燥機に入れます。

フィルターについて

ドライクリーニングは水洗いとは違い、洗浄液をフィルター循環して使っています。

これはどのクリーニング店も変わりませんが、 かなちゅうクリーニングではフィルター交換の回数を多くして、 常にきれいな溶剤で洗い上げるようにしています。交換と同時に水分管理もしています。

ドライチェッカー

ドライチェッカー

ドライチェッカーとは、衣類に溶剤が残存していないか調べる機械です。 もし、衣類に溶剤が残存し、お客様がこの衣類を着てしまうと溶剤によって皮膚が炎症を起こします。これを化学ヤケドといいます。

当社ではドライチェッカーを使ってチェックした上で、包装出荷しておりますの安心です。

次へ

6.後処理・シミ抜き

後処理でしっかり落とします

洗っても落ちなかった汚れなどがあった場合、再度シミ抜きを試みます。

次へ

7.仕上げ

仕上げには、熟練の職人(国家試験のクリーニング師の免許を取得した者)とその指導のもとに、 上着、ズボン、スカート、小物類などを一点一点丁寧に仕上げております。

この時にシミ、汚れなどあった場合は再度行います。

次へ

8.店舗へ搬送

搬送(イラスト)

専門のドライバーにて各店舗へ

次へ

9.お客様の元へ

着心地ふんわりきもちいい

シャープな仕上がりで、ソフトな着ごこち。

清潔さとよみがえる風合いでお客様の元へ帰ってきました。